仙台のシンガーソウルライター、ラリーアッサラーム。

 

ラリーアッサラーム

 

2001年、下村誠プロデュース1stアルバム「ブルーヴァージンズ/ラリー」でNatty Recordより全国デビュー。90年代、仙台の路上で演奏中に「声がラリっている」と通りがかりのお坊さんに言われ、ラリーとのあだ名になった。また、その後なぜかライブにイランの方々が多く来るようになり、MC挨拶で「アッサラーム・アライクム!(あなたの心に平穏を!)」と挨拶するも、まったく通じずに連呼してるうち、ラリーアッサラームと呼ばれるようになる。仙台を拠点にライブ活動を行いながら、さまざまなミュージシャンと交流、ハワイの人間国宝ジョージナオペ氏の新作CD「Aloha Sendai, Uncle come home」では初プロデュースを務める。2011年、セカンドアルバム「ブラックヴァージンズ」を発表直後の2012年、木暮”shake”武彦氏(レッドウォーリアーズ)のオープニングアクトでライブを行った際に意気投合、同年の仙台で行われたジャズフェスティバル野外音楽堂にて共演。その後、毎年、仙台で同氏のライブ企画を行っている。2017年、ソロアルバム「ブルーヴァージンズ・レヴォリューションズ」を発表。下村誠氏の他界後に偶然みつけた音源をもとに2001年のデビューアルバムを再録音、再アレンジし発表。その音楽を共に奏でるメンバーが自然に集いラリーアッサラーム海賊団」を結成。現在、ソロとバンドで活動中。 好きな言葉は「いつも喜んでいなさい、たえず感謝しなさい」

 

 photo by tomoko sugawara

 

ラリーアッサラーム海賊団

 

ラリーアッサラームが家族のように慕うミュージシャンたちが出会い「ラリーアッサラーム海賊団」を結成。現在、仙台を拠点にライブ活動中。

 

ラリーアッサラーム海賊団

 

ギターボーカル;ラリーアッサラーム
ギター;前田直樹(兄貴)
キーボード;瀬川将広(クレイズ)
ベース;地紙聡(ジガマン)
ドラム;八巻渉(ヤマちゃん)
photo by mari odajima

 

 

 

Photo by mari odajima